上高野の自然と文化を学ぶ同史会 公式ホームページへようこそ <京都 洛北 上高野 ・ 豊かな暮らし自然歴史に育まれた地域 ・ KYOTO RAKUHOKU KAMITAKANO>
上高野の自然と文化を学ぶ同史会(京都洛北上高野)
 

伊多太神社


名   称 伊多太神社(いただじんじゃ)
住   所 京都市左京区上高野
西明寺山町
時   間 自由参拝・休日なし
料   金 自由参拝
駐車場 なし
ご 紹 介  
上高野最古の神社であるといわれています。

伊多太とは、「湯立て」を意味する出雲系の農耕守護神と考えられます。出雲系とは山陰地方〜丹波を経て進出した出雲族の集団繁衍(えん)によるものでしょう。
又「湯立て」とは、神前で湯を沸かし巫女がその熱湯に笹の葉を浸して自身の身にふりかけ、参詣者にもふりかけ、翌年の豊作を祈念することです。
(参考「京都立山を歩く1」より)

元々は西明寺山の西麓、上高野大明神町に鎮座されています。

創建の年代は不明ですが、応仁の乱で焼失。明治16年に再興され、明治41年に崇導神社に合祀されました。

祠は、社務所前にあります。


写真左端が伊多太神社の石碑。
   崇導神社参道入口付近。

   写真左端が伊多太神社の石碑


伊多太神社跡


名   称 伊多太神社跡
(いただじんじゃあと)
住   所 京都市左京区上高野
大明神町
時   間 自由参拝・休日なし
料   金 自由参拝
駐車場 なし
ご 紹 介  
上高野最古の神社であるといわれ、西明寺山の西麓、上高野大明神町に鎮座されています。

創建の年代は不明ですが、応仁の乱で焼失。明治16年に再興され、明治41年に崇導神社に合祀されました。

この付近からは明治30年頃、竿頭太刀(かんとうたち)の装飾品がみつかっています。




他のページへ戻るには、このCLOSEボタンをクリックして下さい。




上高野の自然と文化を学ぶ同史会」事務局:京都府京都市左京区上高野
Copyright since2006 上高野の自然と文化を学ぶ同史会. All Rights Reserved.