上高野の自然と文化を学ぶ同史会 公式ホームページへようこそ <京都 洛北 上高野 ・ 豊かな暮らし自然歴史に育まれた地域 ・ KYOTO RAKUHOKU KAMITAKANO>
上高野の自然と文化を学ぶ同史会(京都洛北上高野)
 

太田井堰


太田井堰(おおたいぜき)

一乗寺・修学院・高野・田中村の灌漑をまかなうために一乗寺水利組合によって再構築されました。

水を確保する争いは江戸時代各地で頻繁におこっていました。

1600年代中頃一乗寺村は松ヶ崎村が取水する井出ヶ鼻井堰より少し下流で取水していましたが、水が来ず、井出ヶ鼻井堰上流で取水することを要望し太田と言う人が造りました。

高野川諸井堰の中で最大規模のもので、木枠に巨石を畳み込んで堅牢にしてありましたが大正12年、昭和10年の大洪水で流失してしまい、その後の高野川改修に伴い現在は三宅橋上流100m位の左岸に取水口が設けられています。

太田川という流れになって上高野南西地区叡電宝ヶ池駅東近辺、修学院、一乗寺の灌漑もまかなっています。

上高野のその他の「井堰」はこちら
李ヶ井堰
桜ヶ井堰
井出ヶ鼻井堰




他のページへ戻るには、このCLOSEボタンをクリックして下さい。




上高野の自然と文化を学ぶ同史会」事務局:京都府京都市左京区上高野
Copyright since2006 上高野の自然と文化を学ぶ同史会. All Rights Reserved.