上高野の自然と文化を学ぶ同史会 公式ホームページへようこそ <京都 洛北 上高野 ・ 豊かな暮らし自然歴史に育まれた地域 ・ KYOTO RAKUHOKU KAMITAKANO>
上高野の自然と文化を学ぶ同史会(京都洛北上高野)
 

桜ヶ井堰


桜ヶ井堰(さくらがいぜき)

水車町の東はずれの高野川右岸より取り入れ、上高野北側地区の灌漑用水として構築されました。

1707年(宝永4年)に高野村より松平紀伊守、中根摂津守、小森仁右衛門宛の図面及び文書の中に堰がのっており、その年には存在していたことがわかります。

当時は巨石を組んで高野川の水を堰止めていましたが、1935年(昭和10年)の大洪水で流されたため高野川の大改修に伴い改修され、いまはコンクリート堰で止めています。

上高野のその他の「井堰」はこちら
李ヶ井堰
太田井堰
井出ヶ鼻井堰


他のページへ戻るには、このCLOSEボタンをクリックして下さい。




上高野の自然と文化を学ぶ同史会」事務局:京都府京都市左京区上高野
Copyright since2006 上高野の自然と文化を学ぶ同史会. All Rights Reserved.